ウェディングドレスレンタルをウェブでする場合

近年では、ウェブとかオンライン形式でウェディングドレスのレンタルができる会社が増えています。ウェブ環境があれば、自分の都合やタイミングに合わせて、自宅でパートナーなどと一緒に衣装を選ぶことが可能なので、来店とは違うメリットがあります。

概ねのシステムは、会員登録をしたうえでレンタルするウェディングドレスを選び、日時を指定してそれに合わせて届けてもらいます。業者によっては、ティアラや靴などの小物類も一緒に手配ができます。試着をすると、サイズが合わずに変更をするケースもあります。想定外のことが起こるケースも考えて、余裕を持って早めに予約しておくと安心です。

梱包して返却をする場合は、概ね最初に送られてきた箱を使います。返却の際の注意事項や配送業者の指定などは事前に確認しておきましょう。

また、様々な理由で結婚式を延期してしまうケースもあります。ウェディングドレスのレンタルのキャンセル料については、無料期間中などであれば無償で対応してくれる業者もありますが、キャンセルの時期によってはいくらか請求されることもあります。会社によって規定が異なるため、いざという時のためにキャンセル時のシステムについて押さえておくことも必要です。